私の個人主義– category –

個人主義(こじんしゅぎ、英: individualism、仏: individualisme)とは、権威を否定して個人の権利や自由を尊重する立場、或いは国家や社会の重要性における根拠を個人の尊厳に求め、その権利と義務の発生原理を説く政治思想である[1]。ラテン語のindividuus(不可分なもの)に由来する。対義語は全体主義・集団主義。

西洋諸国には個人主義的な国家が多く、古代スカンジナビアのイデオロギー・ギリシャ哲学・キリスト教などの西洋文化に影響がある[2][3]。